[PR] 音楽を始め動画〜電子書籍まで、簡単ダウンロード

黒澤明 『続 姿三四郎』 #03

デビュー作姿三四郎の大ヒットにより、会社(東宝)からの要請で作られた続篇。

前作のラストの死闘で敗れた檜垣源之助の弟・鉄心と源三郎が、兄の復讐のために三四郎に闘いを挑む。今回は柔道と他武道(拳闘、空手)との闘い、という展開になるのですが、どうしても前作に比べると、全体的にインパクトが弱いのは致し方ないですね。

作り手の黒澤監督自身も、ヒット作の続編を作るという、安易な商業主義にあまり乗り気がなかったようで、「無理矢理創作意欲をかりたてねばならなかった」と語っています。

ラストの雪山での裸足の決闘シーンは、この映画での見せ場でしょう。極寒の中、撮影現場ではスタッフも俳優も相当大変だったようです。

しかしそういったシーンよりも私には、姿三四郎を通してあるべき人間の姿(洒落ではない^^)を観せられた感が強かったです。単に格闘における強さだけを追い求めていた鉄心と源三郎に、「負けた!」と言わせしめた、三四郎の純粋無垢な心。青臭いかもしれませんが、自分もこうありたいと思ったのでした。

続 姿三四郎

 続 姿三四郎 1945(昭和20)年 82分
  【脚本】黒澤 明 【撮影】伊藤武夫 【音楽】鈴木静一
  【出演】藤田 進、大河内伝次郎、轟夕起子 他

  Amazonを参照する

この記事にコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22502517

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。