[PR] 音楽を始め動画〜電子書籍まで、簡単ダウンロード

黒澤明 『素晴らしき日曜日』 #06

戦後まもない東京を舞台に、貧乏な恋人同士が過ごす日曜日。その日2人が持っていたお金は合わせて35円(当時コーヒー一杯10円)しかない。この時代は国全体が貧窮に喘いでいた時代で、映画の中で映し出される都市の荒廃した風景からも、それを窺い知る事ができます。

それにしても美しくもなく、ロマンチックでもない、みじめな恋愛映画だなあ。今観ると、面白くも何ともないんだけど、当時の観客はこのずっしりした現実感に随分共感をおぼえたという。この作品は黒澤監督の本来の作家としての姿勢が投影されている、との事。黒澤リアリズムといわれる典型的な表現なのかもしれません。

散々だった日曜日の最後、二人だけの音楽会の場面で、女が誰もいない観客席に向かって拍手を呼びかける。実は映画の中の人物が直接観客に話しかける新しい手法で、観客にこの映画に参加してもらいたいという狙いがあった。しかし日本ではなかなか観客の拍手がなく、パリでは熱狂的に拍手をしてくれたそうです。黒澤作品が、日本より世界での評価が高い、といわれる所以がわかる気がしますね。

素晴らしき日曜日

 素晴らしき日曜日 1947(昭和22)年 109分
  【脚本】植草圭之助 【撮影】中井朝一 【音楽】服部 正
  【出演】沼崎 勲、中北千枝子 他

  Amazonを参照する

この記事にコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22502513

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。