[PR] 音楽を始め動画〜電子書籍まで、簡単ダウンロード

黒澤明 『悪い奴ほどよく眠る』 #19

公共法人と私企業との汚職(贈収賄)を取り上げ、腐敗した社会構造にメスを入れた、社会派大作ドラマ

こういった社会犯罪には必ず、自らは手を汚さないボスがいるんですね。部下たちは忠実にボスの指示にしたがって、おこぼれ(小金)を頂戴する。そして犯罪が露呈しそうになったら、部下が人身御供(犠牲)になる。

この映画とても40年以上前の作品とは思えない。今の社会腐敗の構図とそう変わりないじゃないか。誰もがそう感じるんじゃないでしょうか。また映画的にも決して古びてなくて、現代映画にも充分立ち向かえる、映像的にもドラマ的にも質の高い力作だと思います。

そして汚職に関わる人間関係図に加えて、彼らの犠牲になった小役人の息子が復讐の名のもとに、敢然と社会悪に立ち向かう。社会問題を題材にしながらも、こうした設定がドラマをより面白くし、映画の中にぐいぐい惹き込まれていきます。2時間半、全く飽きずに観られますね。

ただラスト、ドンデン返しを期待したものの少し物足りない結末に終わるのです。権力を持った悪は滅びないのか!?。そう感じるのは凡人の浅薄さ故(ゆえ)、なのでしょう。黒澤監督の正義感の強さと、あえて現実を厳しく見極める視点とを投影させた、(娯楽性のみに媚びない)妥協を排した作品なのだと思います。

悪い奴ほどよく眠る

 悪い奴ほどよく眠る 1960(昭和35)年 150分
  【脚本】小国英雄、久板栄二郎、黒澤 明、菊島隆三、橋本 忍
  【撮影】逢沢 譲 【音楽】佐藤 勝
  【出演】三船敏郎、森 雅之、香川京子 他

  Amazonを参照する

この記事にコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22502499

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。