[PR] 音楽を始め動画〜電子書籍まで、簡単ダウンロード

黒澤明 『夢』 #28

黒澤明 監督が、自分の見た夢をもとに撮り上げたオムニバス映画(短編8話)。

これはどうみても巨匠の道楽作品ですね(苦笑)。他の監督じゃこんな映画作らせてもらえないでしょう。
スピルバーグが製作総指揮でジョージ・ルーカスも協力、ということで思い存分、好きなように創らせてもらったって感じ。でもねえ、やっぱ少しは観る側のことも考えてくれないと...最初映画館で観た時、途中寝ちゃいましたよ(汗;)。

これは担ぎ上げられた巨匠の映画であって、私たちが知ってる純然たる黒澤監督の作品とは少し違う気がします。海外資本が入って、ちょっと色気が出ましたか?。合成とか特撮を使った、テクニックが一人歩きしてるような違和感のあるシーンもあります。

まあしかし80歳にして、このエネルギーは凄い!です。何本かの短編では、格調高き映像美・様式美を魅せてくれました。環境や核問題に警鐘を鳴らす黒澤イズムも健在です。

映画は総合芸術。様々な批判・好き嫌いは当然あるにしても、芸術家・黒澤明として、残すべき作品だったのでしょう。

個人的には第1話、第2話、第5話、第8話 の美しい映像での「夢」が良かったです。特に最終話の笠 智衆さんの独特の味わいと、美しい日本の古き良き風景、これだけでも充分観る価値がありました。

夢

  1990(平成2)年 120分
  【製作総指揮】スティーブン・スピルバーグ
  【脚本】黒澤 明 【撮影】斎藤孝雄、上田正治 【音楽】池辺晋一郎
  【出演】寺尾聰、いかりや長介、マーティン・スコセッシ、笠 智衆 他

  Amazonを参照する

この記事にコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22502491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。